So-net無料ブログ作成
検索選択

5/21 沖縄旅行 5/21~23 勤務後移動編(JAL-11) [国内旅行]

 

毎年5月の連休過ぎに沖縄へ行くのがここ数年の定番になってきて、最初は毎月定期的な超割・バーゲンフェアが売り出されていた最晩年の2008年5月にANAで、その後2009年5月にもJALの搭乗回数稼ぎで訪れている。
この時期の沖縄は連休過ぎて観光客の少ない閑散期になり、梅雨に入るため天候が安定しないものの意外に晴れている日が多くて自分は毎年初泳ぎをこの時期にしている。今回もそれを狙ってJALのバーゲンフェアを3月末から狙っていたが、今年は特定路線には設定せずにスーパー先得というバーゲンフェアと運賃的には似ているが、空いている前便へ当日変更が出来ないなど利用者には不利な条件の多い航空券しか設定されず仕方なくこれを購入して、 ホテルは今回、那覇市内の海側にある市内のビーチまで近そうなホテルを自分で探し、直接そのホテルサイトから予約して、現地での予定は一切決めずに航空券とホテルだけの手配で当日を迎えた…。

定番の京急リムジンバスで羽田空港へ

旅行当日は5:00起床。普段通りの身仕度をして自宅を5:32に出発、地元駅からJR線に乗って横浜で乗換えの際に旅行カバンをコインロッカーに預けて相鉄線急行にて大和市の会社で普段通りの勤務を17:00まで勤める。退勤後に相鉄線にて再び横浜へ18:08に戻ってロッカーから荷物を回収し、横浜駅東口のYCATへ移動すれば気分は旅行モードへ。いつも利用するより少し遅いが、[バス]YCAT18:21発羽田空港行き京急リムジンバスに乗車した。5月ともなると日没が長くなり、冬には夜景が見事な場所もまだハッキリ街の様子が分かる。
この先この橋を渡って羽田空港へ(拡大します)みなとみらい地区の向こうに夕陽が(拡大します)
 陽の高い5月だとこの時間でもベイブリッジやみなとみらいの街などが見られる

YCATのターミナルを出てすぐの信号で少し待たされたが、あとは首都高湾岸線もいつも通り順調に流れて、YCATから24分の乗車にて羽田空港国内線第1ターミナルに到着、着いてさっそくファーストクラスカウンターで手荷物を預けてチェックインする。
いつものファーストクラスカウンターでチェックイン

那覇行きは19:55発なので時間があり、例年通り夕食を空港内で済ませるため店を探す。いつもの地下にあるラーメン屋の天鳳では芸が無いので、今回は半ば無理やり別の店を探すが、羽田で勤めていた時は決まりきった店ばかり利用していたので、多くの店があっても利用した店舗が少なかった…。そんな中、出発階南ウィング最南端上階に小規模なフードエリアがあったので、この中から同じくラーメン屋の羽田ラーメンへ入ってみた。

南ウィング最南端にある羽田ラーメンと食べたねぎラーメンと半チャーハンのセット

店内は小さなフードコートっぽい広さで簡素な椅子・テーブルが並び、入ってすぐのレジで先に商品を選んで食券を買うシステム。先客が2~3人いる程度で空いていて、値段も見ずに選んだ醤油ねぎラーメンと半チャーハンのセットを頼んだら¥1,500もした。これなら地下の天鳳が良かったと頼んでから後悔…。バイト店員の女子学生っぽいのがヒマなのか厨房・控室で賑やかに話しているのが聞こえるあたり態度も良くなく、待つこと5分ほどで出て来たラーメン・チャーハンは味も香りも素気なく美味さを感じない。羽田に10年近く勤めていたのに1回も来たことが無い店だけに今まで来なくて正解だったのかも…。

  カウンター脇の専用通路を奥へ…   サービスコーナーはサクラと差が少ない

食後、再び南ウィング側のファーストクラスカウンターに戻ってきて、その隣にあるダイヤモンド・プレミアラウンジ入口兼手荷物検査場入口へと進む。一般の手荷物検査場が各列15人前後並んでいたから今日は利用価値があった。

  狭いラウンジは週末で混んでいる      ラウンジでいつもの一杯

南側ラウンジは初めて利用するが、こちらのラウンジも手荷物検査場と一体となったラウンジのため建物の内側にあるために窓も無く、ランプ側に面したサクララウンジの方が雰囲気は良い。週末金曜のため狭いラウンジは混んでいて、席を探すのに面倒なくらいだ。ラウンジでのつまみ用に横浜駅で崎陽軒のシウマイを買ってきたが、混んでいて匂いそうなので食べるのを止めておいた。

  搭乗開始が遅れてゲートが混雑   そろそろ国内運航終焉近いジャンボで沖縄へ

すぐにサクララウンジへ移動するつもりで軽く飲んでいたが、飲むうちに面倒になってそのまま出発20分前の搭乗開始時刻までラウンジに滞在してから19:35に搭乗ゲートに向かう。2~3分かかって搭乗ゲートに着いたがゲート付近の乗客は待たされていて動きが無く、しばし待つこと出発10分前になってようやく搭乗開始、上級会員の優先搭乗でお先に機内へ入った…。
来月はこの便もB777-300に変わる(拡大します)
 JL927便 B747-400D JA8083     満席のクラスJ前方席に座る

毎回、乗継ぎ客待ちで待たされていたが今回はそれで待たされることは無く、搭乗開始が遅れた分の乗り込みに時間がかかり、L2ドアが出発時刻を過ぎた20:00に閉まり、20:05にL1が閉まって出発準備が完了して…、羽田19:55発沖縄(那覇)行きJL927便は12分遅れて20:07出発した。

 相変わらず配布される ちゅらナビ       茶菓付きでお茶を頂く

結局は毎回遅れての出発で、毎回遅れるなら始めから出発時間を遅らせてほしい。今回も飛行時間が長い沖縄線なのでクラスJを指定、JGCプレミア会員が効いているのかクラスJでも前方席を取り易くなっていて、初めて往復とも最前席に近い窓側を押さえられた。
風向きが南風のため離陸は第1ターミナル側の16Rより前方に1機だけ待って20:19に離陸、上昇後はそのまま南下して横須賀上空で右旋回、左側席なので久里浜~城ケ島方面が見えたがあとは伊豆半島まで相模灘しか見えず、右側席にすれば横浜や湘南海岸沿線や自宅付近も見えただろうに…と後悔した。

 ラウンジで食べ損ねたシウマイを食べる 他社や国際線ではなかなか座れない前方へ

離陸して6分後の20:25にベルトサインが消灯し、まずはJALの沖縄便定番の沖縄観光ミニガイドブックのちゅらナビの配布が始まった。かなり昔から似たような冊子の配布があってワンパターンだが、そう思いながらも自分でしっかり毎回活用している。この本を見せるだけで安くなったりもう1品貰えるので現地では常に携帯している。
その後20:40頃にはドリンクサービスと共に茶菓の配布を受けた。茶菓は大事に持ち帰って、先ほどラウンジで食べ損ねた崎陽軒のシウマイに手を付けた。横浜で買った時はまだ暖かかったが、既に2時間経っているので冷めていて匂いもしなくなったのでパクついた。
夜なので外の景色も見えないが、NHKニュースが終わった後のフライトマップによると、20:35頃に浜松上空から進路を南へ変更して太平洋上を奄美大島まで直行した。

  沖縄(那覇)に着いたJL927便      迎えの人が多い到着出口

自分も朝早くからの出勤とラウンジでのビールが効いて食後には寝入ってしまい、次に気付いた時には奄美群島脇を飛んでいて、機長からのアナウンスにあった沖縄方面での機体の揺れ予報もあまり気にするほどは無く、少し揺れ始めた22:00にベルトサインが点灯してから降下が始まり、沖縄本島の街灯りを遠くに眺めつつ22:15に再度着陸のためのベルトサインが再点灯して18より…、羽田から2時間9分のフライトにて沖縄(那覇)空港に着陸、1分早い22:34に到着した。

 いつものゆいレールで市内中心部へ   ホテル近くにあったスーパーのかねひで

遅れて出発した分を回復しての到着だが、受託手荷物が出てくるまでのに10分ほどかかり、上級会員なので真っ先に手荷物を受取れたが、割と早く到着出口へ出られたほうだがそれでも22:48になっていて、ちょうどその時間に出発するゆいレールに乗ろうと思っていたのが乗れなかった。
結局、後から手荷物を受け取ったような乗客が次々と乗り込んで混んだ状態で、以前と同じ那覇空港23:00発首里行きゆいレールに乗車して10分の乗車にて旭橋で23:10下車、街灯りの少なくなった深夜の那覇市内を海方向へ歩くこと10分で今夜の宿のチサンリゾート那覇に到着したが、ホテルに入る前にその北側にスーパーのタウンプラザかねひで西町店があったので、閉店する前に買い物をしてから23:30に本日の宿のチサンリゾート那覇にチェックインした。スーパーには先ほど乗ってきたJAL927便で見たようなCAがいたので、ステイ先は近くのホテルみたいだ。

  今回泊まったチサンリゾート那覇    建物がカーブしていて廊下も弓なりに…

こんな遅い時間にチェックインする人は皆無で、手続きしてから誰1人とも会わずに部屋に着いた。一番安いプランで予約したが、空室が無かったのか広い部屋を充てられたようで好都合だ。ツインルームのシングル利用なので1人で使うには十分な広さで、2009年7月30日にオープンしてまだ新しいためか調度品や内装も市内中心部の安いビジネスホテルよりも清潔で綺麗だった。

     泊まったツインルームは広いタイプの部屋らしい(666号室)

着いてさっそくシャワーを浴びてスッキリしたいが、持参のノートパソコンと館内LAN回線との相性が悪く、色々設定しているうちに時間がかかって0:15過ぎて無事開通、自分の有線LANの設定を閉じていたのが原因だった。
   
 割とスッキリした感じの内装・調度品     ユニットバスも雰囲気が良い

その後シャワーを浴びて1:00から軽く一杯やってからもネット閲覧して、ほぼ自宅でやっているような週末金曜の生活のまま時間が過ぎていき、いい加減に眠くなってきた2:30に就寝した。
弧の外側の部屋が若干広い(拡大します)
  建物の形状が分かる館内案内図      初物すいかと地元の豆腐で一杯


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0