So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

7/15 韓國旅行 7/12~15 帰国編 [海外旅行]

 

ソウル最終日の朝は9:10起床。
相変わらずバカンス気分で、眠くなくなるまで寝ていた。
帰りの飛行機は夕方で、午後しばらくしてから市内を出れば間に合うので、ゆっくりシャワー浴びて身支度してから旅館を10:20に出る。チェックアウトは正午なので、ちょっと朝メシに近くを散策してみる。
朝の市庁前から南大門を遠くに…

朝はかなり時間が経っているが、割とあっさりしたものを食べたくて、一応店の目星を付けている方向の市庁から西方向に歩いていく。
朝食選びに参考にした本は、韓國の本屋で見つけたソウル市内の路地裏ガイド本で、全部韓国語ながら各所イラスト地図にお薦めの店が何軒か書いてあり、日本のガイドブックには無い違う店をいくつも紹介しているのでかなり参考にしている。今回もその本から捜して、旅館に近いところに行ってみた。

      チェンペ屋(オク)店舗外観                食べたソルロンタン

全部ハングル文字で正式な名前が分からないが、たぶん上記の読み方をすると思う。最近改装オープンしたようで建物も新しく店先には開店祝いの花輪が多数あった。
旅館から7~8分の場所で、一昨日行った高麗参鶏湯のある西小門路の南側裏路地に店はあった。この辺りは大韓航空のビル他多数の事務所系ビルが多いので、サラリーマンの昼食時には混雑しそうな立地だった。
今日は土曜の午前中で先客は3名1組のみ。トガニタンやソルロンタンなど牛の煮込み系料理の専門店で、自分もソルロンタンを注文した。
ヒマな時間帯なので5分も経たないうちにソルロンタンが来て朝食とする。ガイド本にはW5,000とあったが、改装したから料金が上がったのかW6,000に値上がりしていた。
食後、雨がパラパラと降ってきたので慌てて近くの地下鉄市庁駅入口に駆け込み、そのまま帰国前の買い物に新村まで足を進めた。
グランドマート地下入口

市庁11:02発の地下鉄2号線外回り電車で6分にて新村駅に到着。地下鉄駅直結のグランドマートで韓國の生活用品や菓子・雑貨などをいつも通り購入する。市内中心部だと百貨店か市場になってしまうので、客引きも無く静かに自分の好きな商品を見られるのが当たり前のようでありがたい。
20分ほどの滞在で買い物して、新村11:34発の地下鉄2号線で再び市庁駅に戻ってとりあえず旅館に11:45戻る。
荷物をまとめて12:10一応チェックアウト。まだ帰るまでに少し時間があるので、フロントに荷物を預けてロッテ百貨店に海苔を買いに行く。何回もソウルに来ていると自分のお気に入りの商品が決まっているので、海苔もロッテ百貨店の決まった銘柄しか買わない。色々試食してみての結果だから、店員からいろいろ勧められても全て拒否して買いたいものだけ買って、ロッテ百貨店での買い物は3分で終わった。
ダンキンドーナツ徳寿宮店外観

帰りに、日本では撤退したために食べられないダンキンドーナツにて小休憩。お昼過ぎでいつもの北倉洞店が混んでいたので、少し大きめの店舗な徳寿宮大漢門横の店舗でコーヒーとドーナツのセットで韓國旅行のシメとして食べておく…。

       店内のドーナツ陳列棚          これでしばらくダンキンドーナツお預けに…

13:10に旅館に戻って残りの荷物を引き取って、再び空港までのバス乗り場のあるダンキンドーナツ前の市庁・徳寿宮バス停に13:20に立つ。空港へのバスは行ったばかりなのかしばらく来なくて10分以上待ち続けた13:30過ぎに到着した。
小雨降る市庁前

空港から市庁前を循環してそのまま空港に行くため、空港から乗って来た何人かが降りた後に乗車する。時間調整して605系統空港リムジンバスの仁川空港行きは13:35に市庁前を発車、この先南大門・ソウル駅と停まって客が降りていくと空港行きの乗車は無く自分一人だけの貸切状態になった。この先の麻浦地区も乗車ゼロで高速道路に入り空港へ進んだ。

         帰りに乗った605系統空港リムジンバスと貸切状態の空っぽな車内

途中、麻浦地区でいつも食べている豚カルビの店を見つける。今回は一人だったため行きづらかったので訪問してないが、誰かと来れば必ず行く店だ。
いつも気になり撮ってしまう麻浦の豚カルビ屋

麻浦地区を過ぎると漢江沿いの高速道路を快調に走る。道路は週末だからか雨のためか交通量も少なめで渋滞も無くスムースに流れていて、新空港道路に進んでも100km/h以上のスピードで突っ走り、ちょうど1時間で仁川空港に14:35到着した。

   仁川国際空港出発階中央吹抜け部分       アシアナ航空チェックインカウンター

帰りの便は17:10発のアシアナ航空の成田行き、韓國ベースの会社だから運航便も多いので2時間半前に来てもカウンターはずっと開いているようなのですぐにチェックインして荷物を預けた。
エコノミークラスのカウンターは全ての運航便を扱っているため長い列が出来ていたが、ビジネスクラス・スターアライアンスゴールドのカウンターはガラガラですぐにチェックインして手荷物検査に進む。

     出発ロビーの出発便表示案内       アシアナ航空の搭乗券とラウンジカード

手荷物検査も待ち客少なく2~3分で通過して出国審査場もすぐにクリア、免税店の並ぶ出発エリアには何の用事も無いのですぐにラウンジに向かう。スターアライアンス系ならアシアナ航空とシンガポール航空が使えるはずだが、アシアナ航空ラウンジのほうが搭乗口に近いのでそちらに向かう。

      アシアナラウンジ入口付近             アシアナラウンジ受付

シンガポール航空のラウンジは何度も利用しているが、アシアナ航空は一度しか利用していないがすぐに分かった。受付でラウンジのカードを渡して階上のラウンジへ向かう。
仁川空港建物全体を見て、西にシンガポール航空のラウンジが、東側の同じ場所にアシアナ航空のラウンジがあるので、空港内に左右対称に配置されているために内部の造りは殆ど同じで、インテリアが違うだけぐらいだった。
アシアナラウンジの様子

ざっとラウンジを見渡すと殆どの席がパラパラと埋まっているので、相席でないと座れない感じだった。この時点でまだ出発まで2時間もあるのでどうせ長居するのだから、入口付近に気になるモノがあったのでそちらに行くことにした。
      
            リビングエリアから離れた場所で生ビールサービスが…

受付からすぐ上がったリビングエリアから離れた場所に何故か生ビールのサーバーがあったので、そこでジョッキにビールを注いで、近くのパソコンエリアでネット閲覧しながらしばらく過ごす。韓國で飲むビールはビンか缶しか呑んだことが無かったので、生ビールがあるのがかなり新鮮だった。

   ビールを飲みながら自分のブログ整理を…       ラウンジでさらに一杯…

生ビールサーバーがリビングエリアから離れた場所にあるので利用者が殆どいないのが勿体ない感じだった。自分は近くのパソコンデスクに座ってネット閲覧しながら何杯かお替りしていたが、結局自分がいる間に2~3人しか注ぎに来なかった。
パソコンを40分ほど利用してからリビングエリアでさらに1時間ほど一杯やった。機内でも機内食が出るのに既にお腹一杯の状態で、ラウンジに1時間50分滞在して16:50に搭乗ゲートに向かった。
仁川空港搭乗エリアの様子

搭乗ゲートは18番、ラウンジのあるサテライトを奥に進んだ行き止まりの場所にあった。既に搭乗開始してしばらく経ったようでゲート前は閑散としていた。自分ももう用事が無いのでさっさとゲートを通過した。
搭乗して飛行機までのアプローチ部分

サテライトの行き止まりのスポットで飛行機が全く見えない場所だったので機体を眺めるのに苦労したが、よく見ると行きに仁川空港に着いた時に見かけたチャングムのラッピングをした機体だった。

        OZ106便 B767-300 HL7514 大長今ラッピング塗装機

機内に入るとヘッドレストカバーに「大長今」と書いてあるが、あとは機内に特に変化は無い。自分が乗ったときには半分くらいしか乗客がいなかったが、出発時間間際に韓国人団体客が乗り込んで8割がたの座席が埋まった。それでも自分の隣の席は空いていたので助かった…。
ヘッドレストにも大長今…

ソウル仁川17:10発成田行きOZ106便は3分遅れた17:13出発した。今回の座席は39Gで後ろから8列目の窓側。最後に乗り込んできた団体客も割と静かに乗っているので機内も落ち着いた雰囲気で良かった。
   
           機内の様子               座席から外を…景色は雲ばかり

離陸も待つことも無く出発10分後には33Lから北向きに離陸、天気が悪いので下界は雲ばかりで何も見えない…。
離陸して25分ぐらいしてから機内食が配られた。東京~長崎線くらいの所要時間で暖かい立派な機内食が出るのは勿体ないくらいだ。さすがに機内食は1種類で選べないが…。
日米系より豪華な機内食

アルコールも無料で、さんざんラウンジで飲んだのにまたビールを貰った。アホみたいに飲み食いしたから明日からまたダイエットしないと…。
日本上空に迫ってきて機内食も片付け終わり、前面モニターテレビの地図画像には18:40に白馬上空を通過しているが、窓下を見ても日本上空も雲だらけだ。一応「大長今」のラッピングがしてあるので、「チャングムの誓い」の一部がモニター画面で放映されていた。自分は全く見ていなかったのでストーリーも何も分からないが…。
飛行マップの画面地図によると、白馬上空から新潟県南部を霞めながら東へ19:00に福島上空まで来てから何故かV字ターンしてから南西の成田方向に飛んで、2時間1分のフライトで成田国際空港に着陸、定刻より9分遅れの19:39到着した。

      成田に到着したOZ106便           到着出口まで延々と続く通路

到着スポットは第1ターミナルの45番スポット、第3サテライトの一番奥の突き当たりに着いてしまった。本当は定刻に着いて30分後のJR線に乗るつもりだったので、ちょっとダメ元で小走りに急いで入国審査を通過して手荷物を受け取って税関を割とスムースに通過出来た。
      
   成田空港南ウィング到着出口の様子         地下のJR成田空港駅入口

しかし、到着出口に出られたのがそれでも20:00ちょうど。自分はてっきり電車の出発が20:00だと思い込んでいたので諦めて何気なく次の電車の時間を見ると、20:00発だと思い込んでいた電車が実は20:04ということが判明、慌てて仕切り直してまた小走りに地下のJR線乗り場へ急いだ…。

          帰りに乗った総武快速・横須賀線グリーン車と車内の様子

グリーン券を買って改札を抜けて発車1分前にホームに無事到着、飛行機着いて25分後の20:04に快速エアポート成田号逗子行きは出発した。
グリーン車は終始ガラガラで、今日は土曜なので行楽客が途中乗るくらいで東京過ぎても通勤客は僅かで、逆に東京まで乗った行楽客がうるさくて平日の通勤客で混んだグリーン車のほうが良いと感じた。
ソウルから乗った飛行機より長い2時間以上乗った大船に22:22到着、ここで乗り換えて地元駅に22:28着、22:40に帰宅した。明日は朝からまた仕事だ…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0